スポーツ選手の巻き爪

 

巻き爪で悩んでいるのは一般人よりもむしろスポーツ選手の方が多いかもしれません。

 

なぜスポーツ選手に巻き爪という意外な症状が出やすいのかというのを疑問に思うかもしれません。

 

ですが、実際に巻き爪になる条件としてスポーツや部活動の運動をしている人はそれなりに条件を満たしてしまっている可能性があるのです。
まず、飛んだり跳ねたりするスポーツというのは脚先に大きな負担をかけていることが言えます。

 

これは外傷的なものから潜在的なものまで含んでいます。
巻き爪が爪の外傷としても扱われるのはその辺に理由があり、普通に生活している人よりも巻き爪になりやすいのです。

 

それだけではなく、巻き爪担った後に困難を抱えやすいのもスポーツなどをしている人です。

 

 

プロなどは特に生活のために運動することが欠かせず、けがの中でも深刻な症状の筆頭として巻き爪は数えられるのです。

 

体重をかけたりして激しい動きが可能になっているというのもありますが、何よりも自分の力を十二分に発揮するためには爪のコンディションも万全である必要があるということがいえます。
そんな選手生命ですらたった一つの巻き爪が大きなマイナスとなりえるのです。